埼玉県民高校受験のツボ

どっしり構えて乗り越えるためのツボ

埼玉県の高校受験システムの流れと対策、費用を詳しく解説

埼玉県民の高校受験をできるだけ無駄なく乗り越えるツボ<まとめ>

一人目の高校受験は私たち親にとってもドキドキです。地元出身者ならまだしも、他所から移住してきた場合はまずどんな高校が存在するのかもわからないし、学校名からレベルを想像することも困難だったりします。

受験システムも四半世紀前とはだいぶ違うところがあるでしょう。ここでは、親として我が子の高校受験を支えるために知っておきたいポイントをまとめてみます。

高校受験をできるだけ無駄なく乗り越えるツボ

 いつ、何をすればいいのか?全体の流れを把握しておくこと。

【関連記事】
高校受験はまず全体の流れ掴んでしまうこと!

 子ども自身の将来への自覚を育てておく

まずはここからです。

 学校を信頼しつつ、任せっきりにしない。保護者としてできる限りのサポートを。

【関連記事】
中学校は高校受験にどこまで関与・協力してくれるのか?
激混み覚悟で「彩の国進学フェア」へGo!

北辰テストを攻略する。

私立高校の確約「保護者推薦」基準を満たすべく、北辰テストを攻略しましょう。北辰テストは決して難易度の高い模試ではありません。実施回によって出題範囲が決まっていますから、そこに的を絞って勉強すればある程度の偏差値が取れる模試です。

【関連記事】
とにかく北辰テストを攻略して無駄なく受ける

 成績に「1」がつかないようにすること。

3年間の成績のなかで1つでも「1」があると、私立高校の確約「保護者推薦」は認められないといわれています。中学校側もそれはわかっているので、どんなに勉強が苦手でも提出物や授業態度をちゃんとしていれば「1」をつけられることはないでしょう。

【関連記事】
大きな声では言えないけれど…埼玉独特(?)の有難い慣例

 私立の補助金制度について知っておく

【関連記事】
私立高校-塾代もかかる!?そもそも塾へ行く必要があるのか?(姉妹サイト)
お金持ちじゃなくても敢えて私立高校を選択するワケがある

 その先の大学受験まで見据えた進路選択を。

【関連記事】
私立高校-塾代もかかる!?そもそも塾へ行く必要があるのか?(姉妹サイト)
お金持ちじゃなくても敢えて私立高校を選択するワケがある


Other Contents
ページのトップへ戻る