埼玉県民高校受験のツボ

どっしり構えて乗り越えるためのツボ

埼玉県の高校受験システムの流れと対策、費用を詳しく解説

埼玉県民が東京都内の私立高校を希望する場合の動き方

すべての中3生が県内の私立高校を受験するわけではありません。同じ埼玉でもたとえば南部地区からなら東京都内へも余裕で通えますし、東部地区なら東京都・千葉県の高校へも通学可能です。各所に魅力的な学校がたくさんありますから、敢えて県外の私立高校を選択するご家庭も少なくありません。

では、埼玉県民が都内の私立を受験したい場合、どのように動けばよいのでしょうか?

当たり前だけど埼玉とはちょっと違う

埼玉県内の私立高校というと(一部の有名校を除けば)、確約「保護者推薦」OKをもらえばひとまず安心…もしそこが第一志望ならば実質的に高校受験のメインは北辰テスト、本番は余裕♪ また、公立志望のご家庭にとっては最後の砦を確保しておくようなイメージですね。

…あ、しつこいようですが「確約」というのは私たちが勝手に呼んでるだけであって、100%保障もなければ、そもそも大きな声で言えることじゃないんです。念のため…

なんてことはさて置き…
我々埼玉県民がそのノリで都内の私立を「確保」しようと思っても、そうは問屋が卸さないってモンです。ちょっと違う、いや、だいぶ違うかも?

何が違うかって、まず入学後の補助金に差が出ることは覚悟の上で検討しましょう。お金持ちはいいでしょうけど、我が家のような庶民には死活問題であります。

それから、なんといっても”私立高校=確約「保護者推薦」OKをもらえば安心”という埼玉の常識は県外では非常識…かもしれない。いや、きっとそう(笑)

加点方式

都内私立高校の場合、埼玉のように確約「保護者推薦」とほぼ同じようなシステムを採用している学校もありますが、「あくまでも一般受験なんだけど〇〇点加算しますよ(確約じゃないよ!と念押しする)」という加点方式を採用している学校が多いようです。

つまり、加点はするけど不合格も十分にあり得るということ。確約「保護者推薦」とはすいぶん違って不安要素がいっぱい。ですから決して「確保」とは言えません。

したがって、加点方式の高校は最後の砦という位置づけではなく、一般受験校の一つに過ぎないと思っておきましょう。よく考えてみれば、加点されるといっても、もし受験生全員が個別相談済みで加点されていたら有利でもなんでもないわけですし(笑)

そして大概の受験生は加点対象になっているからこそ実際に出願するわけで… ただ、持ち込んだ模試偏差値&内申点によって、加点される点数が15点だったり30点だったりという差があるので、その差を狙えれば合否を左右するかもしれませんね。


二段階選抜をする学校もある

中には試験を2回を受けて決まるという場合もあります。

つまり、1回目の試験で合否を決める。その合格者の中で上位コースや特待生を狙う場合は、そのための試験を追加受験する。そこでもしダメなら下位コースで入学できるけど、どうしても上位コースじゃなきゃ嫌!というのであれば辞退して他校へ…という選択ができるわけです。

早めに見学、説明会や進学フェアへGo

都内の私立高校でも、埼玉県から通学できる範囲内の学校はわりと、埼玉スーパーアリーナで開催される『彩の国 進学フェア』にブースを出しています。ですから必ずしも東京の進学フェアへ足を運ぶ必要はなく、欲しい情報が手に入りやすくなっています。

ただし、やはり県内の常識は通用しない場合が多々あります。
有名校は確約「保護者推薦」類似システムでもなければ加点方式でもなく、中学受験のようにホントの一般受験です。まさに一発勝負!

そう…埼玉がおかしいんです!(笑)ちょっと特殊。普通じゃない。

ですから、県外の高校をお考えの場合はできるだけ早めに情報収集し、見学や体験入学や説明会にも積極的に参加して、条件等をしっかり確認しておくことが大切です。


Other Contents
ページのトップへ戻る