埼玉県民高校受験のツボ

どっしり構えて乗り越えるためのツボ

埼玉県の高校受験システムの流れと対策、費用を詳しく解説

大きな声では言えないけれど…埼玉独特(?)の有難い慣例

子どもが成長するにつれ、周囲から高校受験の話題を聞く機会が増えてくるでしょう。とくに中学校に入学すると途端に気になりだすのが「高校受験って、どうなるの!?」「どれくらい大変なの?」「絶対に塾へ行かせなきゃいけないの!?」などという疑問の数々。

他県のことはよくわかりませんが、少なくとも埼玉県の高校受験には存在する独特の慣例(?)についてのお話です。

滑り止めの私立高校を”確保”しておく

大きな声では言えないけれど(笑)埼玉県の中学生と保護者には常識ともなっているのが私立高校のいわゆる確約「保護者推薦」という出願方法。

しつこく言っときますが「確約」というのは我々保護者が受験生が勝手に使っちゃってる単語であって、公式なものではありませんのでご注意を。

あくまでも私立高校の個別相談の場をお借りして北辰偏差値と内申点を見てもらいながら合格可能性を相談をするということです。 …ええ、そういうことにしとかなきゃいけないんです。

つまり、受験すれば必ず合格するという約束ではなく不合格になる可能性もありますから、高校側は「確約」という単語は決して使いません。

【関連記事】
私立高校のイベントに足を運ぶ意味とメリット

県内公立は1校しか受験できませんから、滑り止めとして私立を”確保”しておきたい…ということで、私立高校が提示する確約「保護者推薦基準」の基本である内申点と北辰偏差値をクリアすることが、まさかの中卒を避けるための手段として必須になってくるわけなんですね。

その条件の一つであり、おそらく最も重要視されているであろう北辰テストの偏差値が受験そのものといっても過言ではないかもしれません。埼玉県の中学3年生はとにかくこの北辰テストを攻略することが高校受験前半の重要なポイントになります。

【関連記事】
とにかく北辰テストを攻略して無駄なく受ける


みんなはどうしているの?

まず大概のご家庭では、お子さんが3年生にまる前からこの種の噂を耳にする機会があり、なんとなく理解していくものでしょう。中学校で行われる夏の三者面談でも担任から「1校は私立を確保しておいてください」といった表現で遠回しに指示されると思います。

1学期の終盤くらいから時期をみて、親子で進学フェアや学校説明会などの場へ足を運び、確約「保護者推薦基準」を把握しつつ、北辰テストを受けてその基準をほぼ満たしてから各校の個別相談会に参加し、OKをいただく…という流れです。

【関連記事】
私立高校のいわゆる確約「保護者推薦基準」というもの

その後いよいよ実際に受験するとなれば、その願書に個別相談の際に示された個別相談番号を記入しておくことで高校側がその個人を識別でき、合否判定の参考にされるというわけです。

本番でよほどの失態でもしない限りは合格できるといわれていますが、やはり絶対ではありません。100%合格するわけではありません!原因は様々でしょうが、少数ながら実際に不合格になってしまう子もいます。そういったこともあり、1校だけでなく複数校の私立高校を併願で確保しておくというご家庭もあります。

【関連記事】
気になる!私立高校確約「保護者推薦」の信頼度はどれくらい?

中には滑り止めなしで公立のみ一発受験!という猛者も存在しますが、かなり少数派。それは決して勇気があるからではなく、私立の”確保”ができなかったから。まず確約「保護者推薦基準」以前の問題で内申に「1」がある場合は論外なんだとか…。

そうならないためにも、1年生のときから提出物はきちんと期限内に出すとか、授業中に寝ないとか、何かと不得意でも一生懸命に取り組み、なんとしても内申「1」をもらわないように気をつけましょう。


Other Contents
ページのトップへ戻る